ニキビ 種類

MENU

ニキビ跡には3種類のニキビ跡がある

ニキビ跡の種類では「赤みが残ってしまう跡」「色素沈着の跡」「クレーターが残ってしまう跡」に分類されます。

 

 

 

「赤みが残ってしまう跡」

 

赤みが残ってしまったニキビ跡の原因は赤ニキビによって炎症を起こし、赤みとともに炎症した皮膚が完治しても、赤みをだけをそのまま残してしまうことに原因があります。

 

皮膚のターンオーバーによっておよそ半年ほどの時間をかけ、この赤みは薄れていきますが、早期に赤みを消す為にも肌のターンオーバーを促進させるようなピーリング効果のある化粧品を使うことをお勧めします。

 

 

 

「色素沈着の跡」

 

ニキビが炎症している最中には活性酸素が発生します。

 

この活性酸素が大量のメラニンを生成し、シミを生み出してしまいます。

 

症状が軽い場合にはターンオーバーで少しずつ消えていきますが、症状が重い場合には跡として残ってしまう可能性があります。

 

ターンオーバーを促進させる化粧品を使用することで改善に向かいますが、症状が重い場合にはクリニックに行きましょう。

 

 

 

「クレーターが残ってしまう跡」

 

クレーター跡は赤ニキビ、黄色ニキビによって重度に皮膚が破壊され、ニキビが完治しても破壊された皮膚組織は回復せずにクレーターのような跡として残ってしまいます。

 

ニキビ跡で最もやっかいな跡はこのクレーター跡になります。ターンオーバーだけでは破壊された組織は元に戻らないからです。

 

ビタミンC誘導体やピーリングはこのクレーター跡の改善効果があるので進んで摂取しましょう。