ニキビ 原因

MENU

ニキビ跡ができる原因

ニキビ跡の原因はニキビのを傷と考えてみれば理解しやすくなります。

 

ケガをすると、人間の身体は傷を修復しようと働きかけます。
ケガを負った箇所を血小板で傷を塞ぎ、やがてかさぶたとなって新しい皮膚が作られていきますが、痒くなって再生途中のかさぶたを剥がしてしまった経験はないでしょうか?

 

無理にかさぶたを剥がしてしまうと皮膚が作られている段階でまた傷を負ってしまう為、結果的に傷跡が残ってしまう時があります。

 

 

ニキビでも同じようにニキビが繰り返し同じ場所にできて、再生の段階で何回も皮膚の組織が傷がついていくと、
元の皮膚組織には回復できずに傷跡のように残ってしまいます。それがニキビ跡です。

 

ニキビができてしまっても早期の処置を行っておけば、その後のニキビ跡の改善は見込みやすいので、できてしまったニキビを放置しないようにすることが大切です。