口周り ニキビ

MENU

口周りにできたニキビ

口周りにできるニキビでは食事バランスの乱れや胃腸の不調、ビタミンの不足、ホルモンバランスの乱れが考えられます。

 

特に大人になってからできやすい口周りニキビは容易に手の届きやすい部分でもある為、ニキビを悪化させやすくまた治りにくい箇所でもあります。

 

適切なニキビケアによって口周りのニキビは改善するので一日でも早くニキビを治せるようケアをしましょう!

 

 

胃腸の不調

 

胃腸障害では栄養の吸収効率が悪くなったり、また肝機能の低下によって毒素の分解が上手く機能しなくなることでニキビができやすくなります。

 

ホルモンバランスの乱れ

 

ホルモンバランスの乱れによって、皮脂分泌が過剰となり、それが引き金となって毛穴を詰まらせることによってニキビを作ってしまいます。

 

食事の栄養バランスの乱れ

 

日常の栄養バランスが乱れ栄養が偏ると肌荒れを引き起こしやすくなります。特に肌にはビタミンB郡が必要になるので、食事の栄養バランスが偏りがちな人はサプリメントで補うようにしましょう。

 

 

口周りにできるニキビと内臓との関連性

 

口は直接内臓と繋がっている器官であり、内臓に疾患があると口周りにニキビができやすいと言われています。

 

胃に不調をきたすと疲れ、倦怠感、だる気、むくみなど肌への影響以外にも複数の弊害が生じてしまいます。

 

肝臓の働きでは、体内に入った毒素を分解する役割を持っているのですが、肝臓の機能が低下すれば毒素を十分分解できずに血液によって身体中に運ばれ、肌荒れといった症状を引き起こしやすくなります。

 

内臓の調子が整うように暴飲暴食を控え、栄養バランスを考えた食事を取ることが口周りのニキビケアにつながり、また身体全体の調子も良くなるでしょう。