ニキビ跡 赤み

MENU

赤みを帯びたニキビには・・・

ニキビ跡赤みは早期ケアの状況でかなりその後の症状は変わってきます。

 

ニキビ跡の中でも赤みを帯びたニキビ跡ではまだ軽度の症状ですので、改善が目指せるレベルです。

 

しかし、放置されたニキビによってできた「クレーター型のニキビ跡」や「シミ型のニキビ跡」になってくるととてもやっかいです。

 

何故なら、皮膚組織の破壊、もしくは色素沈着の除去は簡単には改善できないからです。

 

酷い症状の場合は近くの皮膚科へ相談をしに行きましょう。

 

 

赤みを帯びたニキビであれば、角質のターンオーバーによって放置をしておいても自然に消えることはありますがそれには年単位の年月がかかり、また自然放置の間にそのニキビ跡に紫外線が照射されると色素沈着によってシミに変化することもありますので、ニキビ跡の対処には注意が必要です。

 

ニキビ跡ができてしまったら、まずは紫外線が当たらないようにUVケアを怠らないようにしましょう。

 

また赤みを帯びたニキビ跡であればビタミンC誘導体が配合されたケア商品を使います。

 

ビタミンC誘導体とは、お肌への浸透力の高いビタミンCのことです。ただのビタミンCでは酸化しやすく、肌へ塗っても肌のバリア機能によってほとんどが吸収されません。

 

ビタミンC誘導体は肌への浸透力が高く、浸透後には酵素反応を起こすことによりビタミンCへと変化する優れものの栄養素です。

 

購入前にはケア商品にビタミンC誘導体と記載されているかを確かめましょう。