ニキビ跡

MENU

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体とニキビケアは切っても切り離せない関係にあります。

 

ニキビケアを調べると必ず出てくる用語なのですが、ここではビタミンC誘導体について詳しく解説してみたいと思います。

 

 

・ビタミンC誘導体の効果

 

ビタミンC誘導体はビタミンCの改良版と考えても良いです。

 

ビタミンCは昔から肌に良い栄養素の代名詞となっていますがビタミンCを肌に届けやすく改良したものがビタミンC誘導体なのです。

 

このビタミンC誘導体には抗炎症作用と皮脂の分泌抑制をさせる働きがあります。

 

つまりはニキビができる原因の皮脂分泌を抑え、ニキビの炎症を沈める効果があります。

 

 

・ビタミンC誘導体の特徴

 

ビタミンC誘導体はビタミンCではなし得ないお肌への浸透力を持ちます。ビタミンC誘導体が肌の内部へ浸透することによってメラニン色素の生成を抑制し、シミを作りにくくする働きがあります。

 

またソバカスやできてしまったシミにも美白効果を発揮し、改善させる働きを持ちます。

 

 

・ビタミンC誘導体の効果的な使用方法

 

まずは毎日の洗顔をした直後に付けましょう。

 

ビタミンC誘導体が素肌の状態でしっかりと染み込んだ後には化粧水、乳液で保湿ケアをします。

 

効果が現れるまで個人差がありますが、シミやソバカス、またニキビや軽度のニキビ跡には効果が期待できますので根気よく行うことが大切です。