ニキビ 紫外線

MENU

ニキビと紫外線の関係

 

紫外線とニキビは関係あるのでしょうか?

 

紫外線はお肌の天敵と良く言いますが、まずお肌と紫外線の関係を知ることから始めましょう!

 

紫外線には紫外線A波と紫外線B波があり、全体の紫外線の95%は紫外線A波です。

 

紫外線が肌に当たることにより、表皮の奥にあるメラノサイトが紫外線から細胞を守ろうとメラニンを生み出します。

 

過剰に生み出されたメラニンが肌に残ってしまうことによってシミが発生する訳です。

 

またシワにも紫外線の影響は多分にあり、肌の奥には真皮という組織があって、この真皮は弾力のあるゴムのような繊維質で構成されています。

 

この真皮に紫外線があたると真皮は硬い繊維に変化してしまって弾力を失っていくのです。

 

弾力を失った真皮は肌のハリを維持することができずにシワやたるみをもたらしてしまいます。

 

このようなことから紫外線と肌の影響は密接に関係していますが、ニキビとの関係はどうでしょうか?

 

肌が紫外線を受けると肌の角質が硬くなり毛穴の入り口を詰まりやすくさせます。毛穴が詰まってしまうと逃げ場を失った皮脂は皮膚の中で留まることに・・・。

 

肌の常在菌であるアクネ菌は、そのような皮脂を栄養にして増殖しやがて肌に炎症をもたらしてしまうのです。