ニキビ跡 予防

MENU

ニキビ跡を予防する

 

ニキビ跡の予防と書いあって「??」と意味がわからない人もいらっしゃることでしょう。

 

なぜならニキビ跡ができてしまったら予防も何もないからですね。

 

厳密にはニキビ跡ができてしまったら予防ではなく改善しかありません。

 

その改善方法はこのサイトに多くの内容を書かせてもらいましたが、ニキビ跡の原因となるニキビを作らない予防こそ、ニキビ跡の予防にもなるのです。

 

 

ニキビ予防としてもう一度どの項目に自分は最も気をつけて生活していかなければならないのかをおさらいしてみましょう!

 

1.バランスの良い食生活

 

2.適度な運動

 

3.清潔な環境

 

4.精神的なストレスの軽減

 

バランスの良い食生活とは炭水化物に栄養が偏らず、肉、魚、野菜等をバランス良く摂取できているかどうかです。

 

また食事を行うサイクルが決まっているかも重要となります。

 

ニキビができやすい人は特にビタミンB2やビタミンB6を摂取するようにしましょう。

 

適度な運動は体内の新陳代謝を上げ、ターンオーバーを促進させることによって毛穴の詰まりを起こりにくくすることができます。

 

毎朝のウォーキングやジョギングで汗を流しましょう。

 

また運動を行うことで精神的ストレスの軽減にも期待できます。

 

清潔な環境を維持する為にも、掃除はマメにするようにしましょう。

 

特に1日数時間を共にする寝室は清潔であってほしい場所です。

 

シーツの取替えやマクラの日干し、マクラカバーの洗濯等をマメに行うようにしてください。

 

また入浴時での洗い残しはニキビの天敵です。

 

しっかりとシャンプーを洗い流し、清潔なタオルで身体を拭きましょう。

 

どうしても環境によっては精神的なストレスは溜まってしまうものです。

 

ストレスの負荷は皮脂の分泌を促し、毛穴の詰まりを起こりやすくしてしまいます。

 

またニキビだけでなく時にはストレスが原因で重篤な病にかかる時もあります。

 

適度な運動もそうですが、自分に合ったストレス発散法でストレスを溜め込まないようにしましょう。