ニキビ跡 クレーター

MENU

ニキビ跡の中でも重症なケースはクレーターのようなニキビ跡が残ってしまった時・・・

 

ニキビを潰してしまったりすると、毛穴の奥深くの組織が破壊されて、肌を持ち上げることができずに窪みのような跡になってしまいます。

 

このような凸凹のニキビ跡になってしまうと自力で治すには難しいかもしれません。

 

このような治りにくいニキビ跡の場合は皮膚科で受診しましょう。

 

皮膚科では内服薬と外用薬が処方されます。またディフェリンゲルやサリチル酸ワセリン軟膏というピーリング剤も処方されるでしょう。

 

 

 

内服薬ではビタミン剤と肌の炎症を抑える抗生物質内服薬が処方されるはずです。

 

ビタミン剤でビタミンを摂取し、抗生物質内服薬では主にミノマイシン錠、ルリッド錠、ファロム錠が処方され、この抗生物質でニキビの腫れ、炎症を防ぐ役割を担います。

 

またディフェリンゲルやサリチル酸ワセリン軟膏のようなピーリング剤では肌の古い角質を除去し、肌細胞を生まれ変わらせるターンオーバーを促進させる働きがありますが、副作用として肌のかゆみ、赤み、乾燥など起こる場合もありますので、そのような時には一度やめるか、1回に使う量を少なくしてみてください。

 

また皮膚科では赤外線治療やレーザー治療などの外科治療もあり、赤外線やレーザー光線でアクネ菌を殺菌しながら毛穴収縮をさせ、肌細胞の活性化を促進させることができるので、クレーター跡のような破壊されてしまった皮膚には有効な治療法です。